【シャニマスss】舞い上がるアルエッテ【SS冬祭りPドル21】





1 : 番長さん 2021/12/18 02:02:51 ID:MlgeUxOrSY

シャニマスのゲームコミュぽいものを書きたかったので、真乃もプロデューサーもキャラ崩壊してないつもりです。ゴールデンウィーク位に思いついた話なので、作中季節も同じくらいです。


2 : ハニー 2021/12/18 02:04:02 ID:MlgeUxOrSY

『ひばり下り 心悲しも 二人で思えば』

(283プロ 夜)
真乃(ちょっと仕事長引いたけど、プロデューサーさんいるかな…?)

真乃「お疲れ様です」ガチャ

真乃(!)

真乃「プロデューサーさん!ただ…」

P「……」

真乃「プロデューサーさん…?」

P「えっ?あっ、真乃…」

真乃「大丈夫ですか?プロデューサーさん?」

P「ああ、ちょっとぼっーとしててな。おかえり、真乃」

真乃「あっ、はい。ただいまです」


3 : お兄ちゃん 2021/12/18 02:04:51 ID:MlgeUxOrSY

P「アイスのcm撮影は上手くいったか?」

真乃「はい!現場の監督さんにもまた来年来て欲しいって」

P「そうか…ならよかった…」

真乃「はい!…」

P「……」

真乃「その…」

P「ん?」

真乃「SHHisのお二人は、wimg上手くいったのですか?」

P「えっ?あ、ああ…優勝した。二人とも頑張ってたよ」

真乃「それはよかったです。むん!」

P「ああ、うん。よかった。」

真乃「……」

P「……」

真乃(プロデューサーさん、いつもと様子が変…)


4 : バカP 2021/12/18 02:06:13 ID:MlgeUxOrSY

真乃「プロデューサーさん、大丈夫ですか?」

P「えっ?」

真乃「その…普段と様子が違って見えるから…もしかして、具合が悪いんですか?」

P「いや、別にそうじゃないんだ。ただ悩んでるというか、なんというか…」

真乃「そうなんですか…」

真乃「…そ、そのよかったら、私に相談してみませんか?」

P「真乃に?…それは…その…」

真乃「…やっぱり、私じゃ力不足でしょうか?」


5 : 貴殿 2021/12/18 02:07:23 ID:MlgeUxOrSY

P「い、いや…そういうわけではないんだ……うん、分かった。真乃に相談しよう」

真乃「ありがとうございます!」

P「はは、お礼を言うのはこっちだよ」

真乃「じゃあ、お隣いいですか?」

P「ああ、どうぞ……ん、じゃあ言うぞ」

P「そのな、俺には憧れの人がいるんだ」


6 : 変態大人 2021/12/18 02:10:39 ID:MlgeUxOrSY

真乃「憧れの人……」

P「うん。この業界の先輩で、俺が一番信頼している人」

P「でも、その人には悪い噂があるんだ」

真乃「悪い噂ですか」

P「昔、その人の担当アイドルが突然行方を眩ませてな。これは、その人がアイドルに酷い事をしたからだっていう噂が…」

P「俺は、嫌な気分がしたけど、気にしなかった。所詮、噂だって…でも、違ったんだ」

真乃「…」


7 : 5流プロデューサー 2021/12/18 02:12:57 ID:MlgeUxOrSY

P「…噂は、本当だったよ。客観的に見て、これがアイドルが逃げた原因なんだろうなということをしていた」

P「あのやり方は、俺の主義に反するし、あの人が俺に教えてくれたやり方でもなかった…」

真乃「そうですか…」

P「つまり、憧れの人が過去に今じゃ考えられないことをして、ショックだっていう話だ。つまらなかったよな…」

真乃「い、いえ!…」

P「はは、いいって…話聞いてくれただけでも大分楽になったよ」

P「ありがとう、真乃」

真乃「そんな…」


8 : Pサマ 2021/12/18 02:14:24 ID:MlgeUxOrSY

P「…うわっ、もうこんな時間なんだ…仕事の続きしないと…」

真乃「…そ、その!待って下さい!」

P「うん?」

真乃「私の話を聞いて貰っても大丈夫ですか?」

P「えっ?あ、ああ。いいよ、聞こう」

真乃「その、私にも憧れの人がいるんです」

P「…そうなんだ……その人は学校の先輩とかか?」

真乃「いえ!…業界の人です」

真乃「そ、その人は、私たちをいつも支えてくれてて…その!プロデューサーさんなんです!」

P「えっ?」


9 : Pくん 2021/12/18 02:15:40 ID:MlgeUxOrSY

真乃「私の憧れの人はプロデューサーさんなんです!」

P「……」

真乃「だから、プロデューサーさんがもし昔悪いことをしていたら、とても悲しいです!でも、今悪いことをする方がもっと悲しいです!え…えっと、つまり、昔より今の方が重要です!今、なにをやっているかが…その………」

P「ははっ!」

真乃「プロデューサーさん?」

P「ありがとう、真乃。真乃が励ましくれているのに落ち込んだままじゃ駄目だよな」

真乃「プロデューサーさん…」

P「あんなことを聞いても、やっぱりあの人は俺の憧れなんだ…真乃にとっての俺も憧れの人で居続けられるように頑張るよ」

真乃「はい!」


10 : ハニー 2021/12/18 02:16:11 ID:MlgeUxOrSY

P「…そういえば、どうして事務所に来たんだ?直帰でも良かったのに…もしかして俺に用事でもあったか?」

真乃「いえ、ちょっとプロデューサーさんの顔を見て元気を貰おうかなって」

P「ははっ。それなのに今日は俺が元気を貰っちゃったな。こんな顔で良かったらいつでもみてくれ」

真乃「いえ、私も元気貰えました!」

P「そっか、良かった」

真乃「じゃあ、私帰りますね」

P「おう、また明日な」

真乃「ふふ、また明日です」


11 : ぷろでゅーさー 2021/12/18 02:17:56 ID:MlgeUxOrSY

『やがて心に広がる甘美な感覚』

(河川敷 昼)
P「なあ、真乃…」

真乃「はい、プロデューサーさん…」

P「真乃は今日、三浦あずささんが街を散歩する番組にゲストとしてロケしてて、終始市街地を回る予定だったよな」

真乃「はい…」

P「なんでこんな田舎の方にまで来てるんだ…」

真乃「さ、さあ…」

P「あの噂、本当だったみたいだな…」

真乃「…そうみたいですね」


12 : そこの人 2021/12/18 02:18:42 ID:MlgeUxOrSY

P「三浦さんが極度の方向音痴って噂…」

真乃「もうワープですよね…」

P「もう三時間も歩いてるからって休憩の時間になったけど…真乃、大丈夫か?」

真乃「はい!全然問題ないです!……ふふ」

P「?…どうしたんだ、真乃?」

真乃「あっ…その…噂って言葉であの時のこと思い出しちゃって…」

P「あの時?…ああ、あの時か…そのかっこ悪い所見せてごめんな…」


13 : Pさぁん 2021/12/18 02:20:25 ID:MlgeUxOrSY

真乃「い、いえ!…プロデューサーさんの憧れの人もこんな噂が本当だったらよかったですね」

P「ああ、社長が方向音痴だったらはづきさんといじれるんだけどな~」

真乃「あ、やっぱり憧れの人って社長さんなんですね!」

P「あっ!やってしまった……反応からして気付いていたのか?」

真乃「その…なんとなく…」


14 : プロデューサーはん 2021/12/18 02:21:20 ID:MlgeUxOrSY

P「ははっ、そうか…事務所の他のみんなには秘密にしてくれよ。勿論社長にも」

真乃「はい。プロデューサーさんみたいについうっかりバラさないように気をつけます」

P「ま、真乃…!」

真乃「ふふ、冗談です」

P「ま、真乃~!」

真乃「ふふ」

P「ははっ!」


15 : プロデューサーくん 2021/12/18 02:24:16 ID:MlgeUxOrSY

鳥?「ピーチクパーチク…」

P「…ん?…真乃、あの鳥はなんていう鳥なんだ?」

真乃「えっと…あれは雲雀さんです」

P「ひばり…ああ、雲に雀って書く…」

真乃「はい!正解です!」

P「そういえば何でくもすずめで雲雀なんだ?」


16 : P君 2021/12/18 02:26:06 ID:MlgeUxOrSY

真乃「それは雀さんに似てて…あっ!」

雲雀「ピーチクパーチクピーチクパーチク…」パタパタ

P「おお!すごい上昇だ…!あっという間に見えなくなった」

真乃「あんなふうに雲に届きそうなぐらいに高く飛んでいくからだそうです」

P「そうなのか…」

真乃「そんな様子が、お金を貸した太陽に利子を請求しているようだと言われているそうですよ」

P「へぇ、やっぱり詳しいな」

真乃「ふふ」

P「……」


17 : プロデューサーさま 2021/12/18 02:27:11 ID:MlgeUxOrSY

P「あのさ、真乃。さっきの憧れの話なんだけどさ…」

真乃「はい?」

P「真乃の憧れの人に俺を挙げてくれてありがとな、嬉しかったよ」

真乃「いえ、そんな…」

P「けど本当はあんな話、真乃に聞かせるもんじゃなかったよ」

真乃「それは私がお願いしたから…」

P「そうだとしても話したのは俺だ。ちょっと反省したんだ」

P「なんで、真乃に話したんだろうって」

真乃「?」


18 : プロデューサーさま 2021/12/18 02:28:35 ID:MlgeUxOrSY

P「直ぐに分かったよ。俺は真乃に癒されたかったんだ」

真乃「ほわっ!?」

P「だから、真乃。真乃も俺にとって憧れの人なんだ」

真乃「ほわわ!?」

P「ありがとうな。俺の憧れの人になってくれて」

真乃「い、いえ!こちらこそ…」

P「後、雲雀が金貸しの話を聞いて思い出したんだけど、相談のお返しもしてなかったよな。このロケが終わったら期待しててくれ」

真乃「そんな…大したことはしてないです…」

P「そうか?俺はてっきりあの話で催促してるもんだと思っていたよ」

真乃「!」


19 : Pさん 2021/12/18 02:30:09 ID:MlgeUxOrSY

P「なんて、これもさっき揶揄われたお返し…」

真乃「…」

P「…真乃?顔が真っ赤だが大丈夫か?」

真乃「!あっ、いえ、全然平気です!むんっ!」

P「その…無理しなくてもいいんだぞ?」

真乃「ま、まだまだ頑張れます!」

スタッフ「283さーん!櫻木さーん!」

P「いいんだな?真乃?」

真乃「はいっ!」


20 : Pサマ 2021/12/18 02:36:01 ID:MlgeUxOrSY

真乃「…」

真乃(ごめんなさいプロデューサーさん…本当はお返しを催促しちゃてたんです)

真乃(私は欲張りです…)

真乃(十分過ぎるほどもらっちゃってるはずなのに…)

真乃(『真乃に癒される』とか、『レッスン頑張ってる』とか)

真乃(けれど、もっともっと欲しくなる)

真乃(あなたからの言葉…)

真乃(あなたからの笑顔…)

真乃(それだけで私はあの雲雀さんみたいに高く飛び上がりそうになるんです)

真乃(どこまでも高く飛びたい…)

真乃(だから、私は)


21 : プロデューサーはん 2021/12/18 02:37:57 ID:MlgeUxOrSY

スタッフ「撮影再開しまーす」

あずさ「真乃ちゃん、まだまだよろしくね~」

真乃「はい!お願いします!」

P「真乃!(小声)」(片手でガッツポーズ)

真乃「!」

真乃「……むんっ!」

雲雀「ピーチクパーチクピーチクパーチク…」


22 : あなた様 2021/12/18 02:50:41 ID:MlgeUxOrSY

終わりです
このssは、下記のサイトが大方の発想元になっています。
雲雀を題材にした日仏の古典文学から、双方の価値観を比較するというもので、分かりやすく面白かったです

https://www.google.com/amp/s/bohemegalante.com/2019/04/09/alouette/amp/


23 : Pサン 2021/12/18 23:03:16 ID:U2cpV5ID3I

乙です!
脳内再生余裕な2人の掛け合い...たまりませんね!



引用元:【SS冬祭りPドル21】舞い上がるアルエッテ【真乃SS】






コメント一覧

    1 それからの名無しP:2021-12-28 13:13:07 ID:MTEzN2Vk
    こういう古典とかと関連付けた二次創作好き
    粋だね


    2 それからの名無しP:2021-12-28 14:25:08 ID:MWY5YTA5
    (やはりシャニの王道はP×天井とか言いにくい良い雰囲気の良作だじぇ…)


    3 それからの名無しP:2021-12-28 17:55:35 ID:YTY4MTZm
    管理人ちゃ、纏めてくれてありがとう


    4 それからの名無しP:2021-12-28 18:18:57 ID:YzI5Yjlk
    ピヨピヨ
    ピーチクピーチク
    ボボボボボ()
    古典系は凛世の方がイメージ強かったけど真乃とかもアリやね


※過度なキャラ・声優に関する暴言はやめて下さい。
最近コメント欄内での煽り合いが目立ちます。
煽りはスルーで仲良く語りましょう。
コメントする
名前
コメント

スポンサードリンク

プロフィール


管理人:こひなたん
サイト開設日:2013/11/10(ブロマガ移転日:2015//)
【相互RSS・リンク募集について】
アニメ・ゲームのサイトを中心にとりあえず募集中
【7/1】
現在コメントが書き込めない状態になっています。しばらくお待ちください


Twitterはこちらから

RSSはこちらから
 このエントリーをはてなブックマークに追加

PV(リアルタイムはPCのみ)


検索


最新コメント

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

人気記事