【ミリマスss】シタP「アイドルはPの家にお邪魔しちゃいけません!」





1 : 2021/04/03 19:25:36 ID:bgLi9yln1g

奈緒「せやな、アカンわ」ジュー

シタP「線引きはキチンとしないといけないからな。男女の間柄だし」ジュー

奈緒「ホンマですね~」クルクル

シタP「お、流石手つきがいいな」

奈緒「任せてください!大阪の女ですから!」クルクル

シタP「いやー、せっかくたこ焼き板付きのホットプレート買ったからたこ焼きしようと思ったんだけど」
シタP「一人でやるのは寂しいしやったことないからどうしようかと思ったんだよな。奈緒がちょうど劇場にいてよかったよ」

奈緒「粉もの作る時はいつでも呼んでください!またこうやってPさんの家まで出張しますよ!」クルクル


2 : プロデューサーさま 2021/04/03 19:27:22 ID:bgLi9yln1g

シタP「ありがとう、奈緒」

奈緒「えへへ……。あ、この辺のやつ、もういいですよ!」

シタP「お、じゃあ遠慮なくいただきまーす!」

奈緒「どうぞ~。いっぱい食べてや~」

シタP「あちち……。うん!上手い」

奈緒「せやろ~」

シタP「奈緒に頼んでよかった!奈緒も一緒に食べよう!」

奈緒「はーい!」


3 : プロデューサーちゃん 2021/04/03 19:28:56 ID:bgLi9yln1g

奈緒「……ところで私、ここに来てよかったんですか?」

シタP「大阪の横山さんって知り合いにたこ焼き作りに来てもらっただけだからセーフ」


5 : Pたん 2021/04/03 19:30:38 ID:bgLi9yln1g

こうして、以降もPと奈緒はちょいちょいPの家で粉ものパーティを開催するようになったのであった…


6 : Pサン 2021/04/03 19:31:33 ID:bgLi9yln1g

以上です。勢いで書いた。友達的な距離感の奈緒っていいよね。と思い立って書いた。


7 : der変態 2021/04/03 19:35:35 ID:ayznZr9q9E

おかわりください


8 : そなた 2021/04/03 19:42:08 ID:mu7Ct6frhY

粉ものはたこ焼きだけでなくお好み焼きもある
だからお好み焼き編もオナシャス!何でもしますから!


12 : P殿 2021/04/03 20:48:43 ID:bgLi9yln1g

ジュー

シタP「まさかソース持ち込みとは」

奈緒「大阪では家庭ごとにマイソースがありますからね」

シタP「流石だなぁ大阪」

奈緒「これが横山家の味です!」

シタP「そのセリフはその使い方で正しいのか?」


13 : プロデューサーはん 2021/04/03 20:50:53 ID:bgLi9yln1g

奈緒「細かいことはいいですやん」

シタP「そうかもしれん」

奈緒「気に入ったら買うてくださいね!」

シタP「我が家のソースが横山家の味になろうとしている」

奈緒「おいしいものは人に教えたくなりません?」

シタP「それはたしかに」


14 : Pチャン 2021/04/03 20:51:48 ID:bgLi9yln1g

奈緒「それじゃ、そろそろいきますよ~」

シタP「あ、待って奈緒。ムービー撮る」

奈緒「撮るんですか?」

シタP「見せ場だと思ってな…。よし、撮るぞー」

奈緒「かっこよく撮ってくださいね!」

シタP「5秒前ー。4、3、2……・」キューサイン


15 : 我が友 2021/04/03 20:52:48 ID:bgLi9yln1g

奈緒「今からお好み焼きひっくり返しまーす!」

奈緒「ほないくで~……ほっ!」クルン

シタP「おぉ~、綺麗」

奈緒「どやぁ!」キメポーズ

シタP「流石」

奈緒「ふふん」



16 : プロちゃん 2021/04/03 20:53:32 ID:bgLi9yln1g

奈緒「最後にソースかけて、青のり振って…」

シタP「うわー、いい匂い」

奈緒「はい!完成です!」

シタP「うまそう!」

奈緒「あつあつのうちにどーぞ!」

シタP「いただきまーす!」
シタP「あっつ!!」ハフハフ
シタP「でもうまい!!!」

奈緒「せやろ?んふふ」テレテレ


17 : ご主人様 2021/04/03 20:54:02 ID:bgLi9yln1g

シタP「いやー、たこ焼きに続きお好み焼きも絶品だわ」

奈緒「おそまつさまです~」

奈緒「あ、さっきのムービー、後で送ってくださいね」

奈緒「あとついでにお好み焼きと記念写真撮っていいですか?」

シタP「いいよ」

シタP「でもシアターのみんなに見せちゃダメだよ」

奈緒「わかってますって」


18 : ダーリン 2021/04/03 20:54:49 ID:bgLi9yln1g

奈緒「それじゃ撮りますよ~」

シタP「え、俺も入るの?」

奈緒「当たり前ですやん」

シタP「しょうがないなー。これも見せちゃダメだよ」

奈緒「わかってますー。二人だけの思い出や!」

奈緒「それじゃ撮りますよー。はい、チーズ!」


19 : P様 2021/04/03 20:57:12 ID:bgLi9yln1g

以上です。おかわり要求されたから書いた。駄文失礼シャス…。


21 : プロデューサークン 2021/04/03 21:45:16 ID:/nhTks44zM

あれ、でもこれPと奈緒から同じソースの匂いがして可憐にバレるんじゃ・・・


23 : せんせぇ 2021/04/03 21:55:53 ID:K3aFVcg26E

>>奈緒「大阪では家庭ごとにマイソースがありますからね」
あってたまるかw


25 : 変態インザカントリー 2021/04/03 22:52:46 ID:bgLi9yln1g

>>23
あれ?
「ウチの家ではこのソースしか買わんで!」みたいなのが大阪にはあるって記憶してたんだけど…広島と間違えたかな?


26 : 我が下僕 2021/04/03 23:20:56 ID:8vE7XL/ewE

>>25
広島はオタフクだけ知ってたらだいたい間違いない
大阪はスーパーのソースの棚がすごく広く、種類も多い


22 : 変態大人 2021/04/03 21:53:40 ID:FlPlp3WB3g

琴葉「そうだ。奈緒ちゃんを…うふふ、うふふふふ…あはははははは!」(ハイライト退場・手にはサイン済み婚姻届他


24 : der変態 2021/04/03 21:56:47 ID:X2naHt0PC6

美奈子「ご馳走するなら私も!」


31 : 貴殿 2021/04/04 21:02:16 ID:/Z/IFGfDFc

佐竹食堂

美奈子「お待たせしました!麻婆定食でーす!」

シタP「……美奈子、俺ご飯大盛で頼んだっけ?」

美奈子「いえ!私からのサービスです!愛情もたっぷりですよ!」

シタP「美奈子がいる日はいっつも大盛なんだけど、どうやったら普通盛りにしてもらえるの?」

美奈子「私がいる日はこれが普通です!」

シタP「えぇ……」


32 : Pサン 2021/04/04 21:02:54 ID:/Z/IFGfDFc

シタP「まぁ食べるけどさ。もう慣れたけどさ」

シタP「うっま」

美奈子「わっほーい!ありがとうございます!」

シタP「ホント安定してうまい。佐竹食堂大好き」

美奈子「そんな……大好きだなんて……」テレテレ

シタP「佐竹食堂な。佐竹美奈子じゃないぞ」モグモグ


33 : Pたん 2021/04/04 21:03:38 ID:/Z/IFGfDFc

美奈子「私もPさん好きですよ」

シタP「ありがとう」

美奈子(あんまり効いてませんね……)

シタP(流しておかないと美奈子は油断ならん)

美奈子「あ、Pさんおかわりいかがですか?」

シタP「まだ半分も食べてないよ?」


34 : Pちゃん 2021/04/04 21:04:32 ID:/Z/IFGfDFc

20分後

シタP「ふー、食べた。ごちそうさま」

美奈子「おそまつさまです!」

美奈子「お水注いでおきますね」

シタP「ありがとう。やっぱ佐竹飯店はいいなぁ」

美奈子「えへへ。ありがとうございます!」

美奈子「Pさんさえよければいつでも出張佐竹飯店しますよ!」

美奈子「だからお家の場所教えてください!」


35 : 貴殿 2021/04/04 21:05:40 ID:/Z/IFGfDFc

シタP「気持ちは嬉しいけどダメ」

美奈子「えー」

シタP「アイドルはPの家にお邪魔しちゃいけません」

美奈子「えー」

美奈子「デリバリーもダメですか?」

シタP「ダメです」

シタP(奈緒はたまに来てるけど)


36 : 兄ちゃん 2021/04/04 21:07:28 ID:/Z/IFGfDFc

……………

シタP「それじゃあ帰るよ」

美奈子「ありがとうございましたー!また来てくださいね!」

シタP「ごちそうさまでしたー。また来ますー」ガラガラ

美奈子「お気をつけてー!」ノシ

美奈子「……」

美奈子「うーん、ガードが堅いなぁ……」

ーーーーーーーーつづく…?


37 : 変態大人 2021/04/04 21:09:00 ID:/Z/IFGfDFc

以上です。タイトル回収するPも描写しておこうと思いました。普段はちゃんと断ってるんですよ。つづくかは知りません。


40 : 兄ちゃん 2021/04/05 00:26:36 ID:YQ0ynu98xE

やっぱり押しかけHANABI団じゃないか!


38 : Pちゃま 2021/04/04 21:09:38 ID:C310iLtTpo

ま、まぁ奈緒の場合はアニキの友達って事に出来るし・・・


42 : そなた 2021/04/05 06:45:06 ID:tiMWpAOaMk

奈緒の場合、Pの方が意識せず家に誘ってそう。後輩感覚で。


47 : プロデューサー様 2021/04/10 22:05:08 ID:1fQXvvRFhM

奈緒「スマホを見るときは背後に注意するんやで!」


48 : 兄(C) 2021/04/10 22:06:00 ID:1fQXvvRFhM

奈緒「にゅふふ…」ニヤニヤ

??「楽しそうですね」

奈緒「のわぁあああああ!!?」

志保「どうしたんですか?大声出して」

奈緒「なんや志保か…。驚かさんといてやぁ」

志保「そんなに驚かしたつもりはありませんが…。奈緒さん、スマホに夢中だったので。むしろ私の方が大声に驚きました」

奈緒「そ、そっか、それはすまんかったわ」

志保「いえ、別にいいですけど」


49 : 下僕 2021/04/10 22:07:02 ID:1fQXvvRFhM

志保「……ところで奈緒さん、ちょっと質問してもいいですか?」

奈緒「質問?なんや?」

志保「あの……ちょっと、言いづらいんですけど」

志保「奈緒さんの、スマホの画面が見えてしまったのですが」

奈緒「え゛」

志保「男性と……楽しそうにしてらっしゃいましたね。鉄板を囲んで」

奈緒「あ゛」

志保「お部屋で楽しくお好み焼き…、といったところでしょうか」


50 : 彦デューサー 2021/04/10 22:08:01 ID:1fQXvvRFhM

志保「……詮索するようで申し訳ありませんが、まさか奈緒さん、お付き合いしてる男性が?」

奈緒「ああああれはアニキ!アニキやで!!志保も知ってるやろ?私アニキと一緒に暮らしてるって!」

志保「あぁ、お兄さん……」

奈緒「せや!兄妹同士ならなんもおかしなとこないやろ?」

志保「たしかに、家族が一緒に食事することは何もおかしくありません。団欒は大事ですしね。ですけど……」

志保「お兄さん、プロデューサーさんにそっくりなんですね」

奈緒「」


51 : ご主人様 2021/04/10 22:09:56 ID:1fQXvvRFhM

志保「私、知りませんでした」

奈緒「」ダラダラ

志保「双子かっていうぐらい、プロデューサーさんとそっくりです」

奈緒「」ダラダラダラダラ

志保「もしかしたら本人じゃないかって……奈緒さん?どうしました?」

奈緒「あ……あ……」パクパク

志保「奈緒さん、顔が引きつって、真っ青ですよ?それに汗もかいて」

志保「……奈緒さん?」(孤島のメイド沢志保の眼光)


52 : 彦デューサー 2021/04/10 22:10:40 ID:1fQXvvRFhM

奈緒「ちゃ、ちゃうねん志保、これは、そのぉ……」

志保「なにが違うんですか?」

奈緒「あのぉ……えっとぉー……」

志保「そんなに言い淀むことですか?」

奈緒「いやぁ……あはは……」

志保「ねぇ、奈緒さん」

志保「この写真はいったいなんなんですか?」

志保「ど う い う こ と か 教 え て い た だ け ま す か ?」


53 : プロデューサーさま 2021/04/10 22:11:39 ID:1fQXvvRFhM

奈緒「プロデューサーさん!ホンッマにすいません!!」

シタP「はぁ…。まぁ、俺にも落ち度はあるし怒るつもりはないが…。他の子には見せるなよって言ったよな?」

奈緒「すいませ~ん!!!」

志保「あの、プロデューサーさん」

志保「……たまたま私が見てしまったので、奈緒さんは見せびらかしたりしたわけではありません。そこは、プロデューサーさんも理解してください」

奈緒「志保ぉ……」ウルウル

志保「まあ、秘密にしてくれと頼まれたものを劇場で見ているのは、どうかと思いますが」

奈緒「志保ぉ……」グサッ


54 : プロデューサー君 2021/04/10 22:13:12 ID:1fQXvvRFhM

志保「それよりもプロデューサーさんです。プロデューサーさんにも質問に答えてもらいますよ」

シタP「お、おう」

志保「では…、アイドルと二人で食事しているのはたまにあるのでまだいいとして、これ、どこで食事してるんですか?」

シタP「それは鉄板焼きのお店で」
志保「ダウト」
シタP「ひぃん……」

志保「奈緒さんから聴取済みです。ここはプロデューサーさんのお部屋だそうですね」

シタP「なんで改めて聞いたん……」

志保「ただの確認です。どう見てもホットプレートですしね。そんなことより……」


55 : 2021/04/10 22:14:54 ID:1fQXvvRFhM

志保「プロデューサーさんはいつも、成人組や恵美さん、美奈子さんなんかにお家の場所を聞かれてもはぐらかしてますよね」

志保「なのにどうして、奈緒さんだけはお家に招いているんですか?」

シタP「いやぁ、それがな……」カクカクシカジカ

志保「……なるほど。奈緒さんと同じ言い分ですね」

シタP「嘘みたいに聞こえるかもしれないがやましいものは一切ないんだ。美味い飯を楽しく食いたかっただけなんだ。それは信じてくれ」

志保「…………」

志保(プロデューサーさんが奈緒さんにだけ特別気を許してる感じがするのはちょっとムカつきますけど)

志保「……まあ、いいでしょう。お二人の目を見る限り、嘘はついてないと思いますし」


56 : ぷろでゅーさー 2021/04/10 22:15:57 ID:1fQXvvRFhM

P奈緒「「志保様ぁ…!」」

志保「でも、確かめる必要がありますよね」

P奈緒「「え゛」」

志保「二人の食事会にやましいことが本当に無いか、確かめる必要がありますよね?」

シタP「な、何を言っているんだ志保」

志保「ありますよね?」

シタP「志保さ」
志保「あ り ま す よ ね ?」
シタP「ハイ」


57 : おにいちゃん 2021/04/10 22:17:07 ID:1fQXvvRFhM

奈緒「ちょっ、プロデューサーさん!」

シタP「仕方ないだろ志保怖いもん!」

奈緒「しっかりしてくださいよ大人でしょ!?」

シタP「そ、そうだよな。よし!」

シタP「志保、アイドルがプロデューサーの家にお邪魔しちゃいけません!」

志保「奈緒さんを連れ込んでるくせに今更何を言ってるんですか?説得力皆無ですよ?」

シタP「ぐふぅ」
奈緒「よっわ!!」


58 : P君 2021/04/10 22:18:41 ID:1fQXvvRFhM

志保「決まりですね。次の食事会には私も参加します」

シタP「わかったよ…。でも志保、これは他のアイドルには絶対に秘密だからな?」

志保「もちろんです。このことは誰にも口外しません」

シタP「それならよし。それからもうひとつ」

志保「…?なんですか?」

シタP「俺の部屋に来るときはアイドルの北沢志保じゃなくて、知り合いの北沢さんだからな?」

志保「……ふふっ。なるほど、そういう建前だったんですね」

志保「わかりました。3人の秘密です」


59 : Pちゃま 2021/04/10 22:20:24 ID:1fQXvvRFhM

以上です。続いてしまいましたね。どうしてでしょうね…。この先続くんですかね…。拙著失礼シャス…。


60 : そなた 2021/04/10 22:28:49 ID:9ml45dRfVs

あぁー、アニキが遠征だから心配で来てもらったってとっさに嘘がつければ・・・


68 : der変態 2021/04/25 20:11:34 ID:OGxNhApkNk

志保「2人きりでお部屋食事会なんてさせません」


69 : 貴殿 2021/04/25 20:12:04 ID:OGxNhApkNk

ジュー

志保「そういえば、奈緒さん」

奈緒「? なんや、志保」

志保「お兄さんは奈緒さんがプロデューサーの家に来てること、知ってるんですか?」

奈緒「もちろん知っとるで。言ってあるしな」

志保「そうなんですか…。お兄さんは、なんと?」

奈緒「なんとって?」

志保「心配とか…してらっしゃらないんですか?」


70 : プロヴァンスの風 2021/04/25 20:12:54 ID:OGxNhApkNk

奈緒「んー、たぶんしとらんと思うわ。むしろ安心してるくらいちゃうかな」

志保「安心?」

奈緒「うん。基本的にここに来るときはアニキが遠征の日やから」

志保「なるほど。年頃の女子1人で留守番するよりは、信頼できる大人のもとに預けた方がいいと」

奈緒「そういうこっちゃな」

志保「お兄さんはプロデューサーのことも知ってるんですか?」

奈緒「知っとるで。会うたこともあるしな」

志保「そうなんですか。……会ったことがある?」


71 : プロデューサー 2021/04/25 20:16:13 ID:OGxNhApkNk

奈緒「せやで。な、プロデューサーさん」

シタP「あぁ。俺はご家族の大事な娘さんを預かってるわけだから、挨拶は必ずするようにしてるんだ」

シタP「東京ではお兄さんが奈緒の保護者代理だから、それでな」

奈緒「そういうことやわ」

志保「なるほど…」

奈緒「なんや?なんか気になることでも?」

志保「いえ、別に…」

志保(なにか引っ掛かる…)


72 : 兄(C) 2021/04/25 20:17:27 ID:OGxNhApkNk

奈緒「お、良い感じや!完成~♪ 志保、もう食べてええで!」

志保「えっ、あぁ…。ありがとうございます」

奈緒「プロデューサーさんも、たんと食べてくださいねー」

シタP「ありがとう奈緒。うまそう!」

奈緒「熱いからやけどせんようにな~」

奈緒「ソースやら諸々はお好みでかけてや!」

シタP「奈緒、マヨネーズも取ってくれ」

奈緒「はいな~」


73 : ダーリン 2021/04/25 20:19:32 ID:OGxNhApkNk

フーフー ハフハフ

シタP「美味い!」

志保「おいしいです」

奈緒「ふふん♪せやろ~?」

志保(流石は奈緒さん。かなりの手際の良さ。焼き加減もばっちり…)

志保(それにしても何か気になる…)

奈緒「私も食べよ♪」

奈緒「ん~♡ んま!私、天才やわ~」


74 : ご主人様 2021/04/25 20:19:59 ID:OGxNhApkNk

志保(女子1人にならないよう預かる…。預かる?)

志保「……あっ」

奈緒「?」

シタP「どうした?志保」

志保「奈緒さん、この後はどうされるんですか?」

奈緒「この後?」

志保「お兄さん、お部屋にいらっしゃらないんですよね?」

奈緒「せやで」


75 : Pちゃま 2021/04/25 20:21:39 ID:OGxNhApkNk

志保「それで、プロデューサーさんが預かってるんですよね?」

シタP「うん」

志保「預かるってまさか…、ここに泊まるんですか?」

奈緒「んなっ!?」

志保「図星ですか?」

シタP「いや、泊まらないぞ」

志保「……本当に?」

シタP「本当に」


76 : プロデューサーさま 2021/04/25 20:22:53 ID:OGxNhApkNk

シタP「食事が終わって、一段落したら奈緒の部屋まで送っていくんだ。その頃にはお兄さんも連絡取れる時間帯になってるからな」

志保「たしかに…。お兄さん、試合中は連絡できませんよね」

シタP「そういうこと。連絡が取れれば、奈緒1人でもそれほど問題ないだろ?」

奈緒「私は1人になるとちょっと寂しいんで、泊めてくれてもええかなーと思いますけどね」

シタP「泊まるのはダメです」

奈緒「えー」

シタP「アイドルはプロデューサーの家に泊まっちゃいけません」

奈緒「えー」


77 : EL変態 2021/04/25 20:24:39 ID:OGxNhApkNk

志保「なるほど…。食事に誘ってる以外は徹底して健全ですね」

シタP「はっはっは。線引きはきっちりしないとな」

奈緒「思いっきり後から線引きなおしてるけどな」

シタP「許可は得てるからセーフ」

志保「大人はずるいですね」

奈緒「ホンマやわー」

シタP「なんとでも言え。これが大人のやり方だ」

志保(……まぁ、私と奈緒さんは今まさにそのずるさの恩恵に与ってるわけですが)


78 : Pはん 2021/04/25 20:25:12 ID:OGxNhApkNk

_
___
_______


79 : Pちゃま 2021/04/25 20:25:46 ID:OGxNhApkNk

シタP「よーし、そろそろ送っていくぞ、2人とも」

奈緒「もうそんな時間かー」

志保「今日はありがとうございました。また誘っていただいてもいいですよ、プロデューサー」

シタP「ははは…。積極的に呼ぶわけにはいかないんだけどな…」

志保「大丈夫です。私、口は堅いですから、皆には秘密にしますよ」

奈緒「抜け目ないなぁ志保」

志保「奈緒さんはもう何回も来てるんですから、私もいいですよね?」

奈緒「えー」


80 : 夏の変態大三角形 2021/04/25 20:26:31 ID:OGxNhApkNk

志保「……独り占めはさせませんよ」ボソッ

奈緒「……望むところやんか」ボソッ

シタP「ん?どうした?」

志保「なんでもありません」

奈緒「あっ、プロデューサーさん!アニキの次の遠征は××日なんで、またよろしくお願いします!」

シタP「もう予約しよる」

志保「じゃあ私もその日に…」

シタP「志保も来る気満々じゃん」


81 : プロデューサーさん 2021/04/25 20:27:41 ID:OGxNhApkNk

シタP「事情がある奈緒はまだいいとして、志保はなんで2回目来ようとしてるの?」

志保「なんでもいいじゃないですか、別に」

シタP「急に冷たい…」

志保「断ってもいいですけど…。でも、その時は私、口が滑ってしまうかもしれません。もしかしたら、美奈子さんや歌織さんに…」フッ…

シタP「演技力を脅迫に活かすな」

奈緒「志保、私らだけの秘密やし、バラしたらアカンで?」

志保「大丈夫です。奈緒さんみたいにミスでバラしたりはしません」

奈緒「ぐふっ」


82 : Pたん 2021/04/25 20:28:48 ID:OGxNhApkNk

シタP「……そういや俺の部屋に来たいって言うアイドルいっぱいいるんだよなぁ…。そんなに行きたい要素あるかね?」

奈緒「行きたいに決まっとるやん!」
志保「それは当然、興味があると思いますが」

シタP「ええ…」

シタP「とはいえこれ以上増えられても困るからな…。2人とも、他の子たちには本当に広めないでくれよ?」

奈緒「わかってますって!」

志保「わかってます。奈緒さん、劇場で写真見ちゃダメですよ」

奈緒「志保めっちゃ刺してくるやん」


83 : 我が友 2021/04/25 20:29:10 ID:OGxNhApkNk

シタP「はっはっは…。ほら、2人とも車に乗ってくれ」

奈緒「はーい」
志保「はい」

シタP「シートベルト締めてな」

シタP「それじゃ行くぞー」

ブロロロロロ……


84 : 我が友 2021/04/25 20:29:48 ID:OGxNhApkNk

今回はこれで終わりです
拙著失礼シャス…


85 : 魔法使いさん 2021/04/25 21:23:15 ID:ySArdcTPic

良い日常感だ。


86 : プロデューサーさま 2021/04/26 00:30:51 ID:0rzDtdUAnE

これはいいものだ…
アイドルときちっと接するPも、そんなPを気安くしてしまう奈緒も、秘密を共有する志保も、みんな素敵で良いっすね



引用元:シタP「アイドルはPの家にお邪魔しちゃいけません!」






コメント一覧

    1 それからの名無しP:2021-07-14 10:38:07 ID:YzlhMWIz
    嗅覚探偵の捜査からどうやって逃げ切るかがポイントだな


    2 それからの名無しP:2021-07-14 10:58:18 ID:MzkwMWMz
    ※1
    アレって逃げ切れるもんなのか…?
    ファブリーズしても風呂に入ってもバレそう


    3 それからの名無しP:2021-07-14 23:09:17 ID:NGE1NWRm
    琴葉は奈緒と結婚することにしたの?


    4 それからの名無しP:2021-07-14 23:44:16 ID:YWVhNTA2
    ※3
    子どもの名前は2人からそれぞれ拝借してナオコ、名字は『研』に改姓だな


    5 それからの名無しP:2021-07-15 15:03:13 ID:MjNiODll
    シタPって765Pと同一人物でいいんか?


    6 それからの名無しP:2021-07-15 16:03:30 ID:Mjk2ZjY2
    ※5
    単に765Pと言うとASの13人のみなことが多いから住み分けの問題
    別に間違ってはいない


    7 それからの名無しP:2021-07-15 19:08:52 ID:MTBkNDYx
    まとめてもらってありがとうございます


※過度なキャラ・声優に関する暴言はやめて下さい。
最近コメント欄内での煽り合いが目立ちます。
煽りはスルーで仲良く語りましょう。
コメントする
名前
コメント

スポンサードリンク

プロフィール


管理人:こひなたん
サイト開設日:2013/11/10(ブロマガ移転日:2015//)
【相互RSS・リンク募集について】
アニメ・ゲームのサイトを中心にとりあえず募集中
【7/1】
現在コメントが書き込めない状態になっています。しばらくお待ちください


Twitterはこちらから

RSSはこちらから
 このエントリーをはてなブックマークに追加

PV(リアルタイムはPCのみ)


検索


最新コメント

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

人気記事